BLOG

ブログ

 

大阪府堺市堺区で産後骨盤矯正を中心に治療しております。

コレカラ骨盤整体院です!!

 

コレカラ骨盤整体院の産後ママさんの体型の変化で1番のお悩みで多いのが…【ぽっこりお腹】です💦

 

そこで本日はぽっこりお腹の原因や自宅で出来るセルフケアについてお伝えさせて頂きます😀

⭐️なぜ産後からぽっこりお腹や中々ぽっこりお腹が治らない原因についてお伝え致します。

原因として多いのは【姿勢と内蔵の位置】が関係してきます☺️

 

※運動不足や食事などももちろん関係しております。

本日はその内容については割愛させて頂きます(^^)

 

・姿勢の問題について!!

 

妊娠中からホルモンの関係で靭帯や関節が緩む事により身体を支えるインナーユニットも低下します!!

それにより身体が不安定な状態になります😅

特に妊娠中から産後にかけて起こりやすいのは【反り腰】です!!

 

【反り腰】になるとお腹が前に出やすくなり、それによりぽっこりお腹の原因にもなります!

後は反り腰になると内蔵の位置も下がりやすくなります😂

すると自然とお腹が前に出てしまう事によりぽっこりお腹の原因となります。

 

・内蔵の問題について

 

もう1つの原因としては内蔵の位置が考えられます。

上記でお伝えさせて頂いた【反り腰】によって内蔵が下がる事により、お腹が前に出て、ぽっこりお腹になりやすいです。

もう一つ内蔵が下がる原因としてはインナーマッスル【インナーユニットの低下】です。

特に体を支えるためにインナーユニットはとても大切になります。

インナーユニットの筋肉は…

・横隔膜

・腹横筋

・多裂筋

・骨盤底筋となります。

この4つの筋肉は単体で動くのではなく、ユニットとして動いています😀

特に僕が重要視しているのが【骨盤底筋】です。

骨盤の下についている筋肉で骨盤を下から支えています^ – ^

妊娠、出産時に必ず骨盤底筋にはダメージが入ります😢

そうすると骨盤底筋も緩む事により、内蔵も下に下がりやすくなり、ぽっこりお腹の原因となります😥

 

 

⭐️自宅で出来るセルフケアについて!!

 

・反り腰に対してのアプローチ

 

反り腰に対してのアプローチ方法として太ももの前の筋肉やお尻の筋肉をストレッチするようにして下さい😊

 

お腹の筋肉や太ももの筋肉に対してはエクササイズが大切になります!!

 

お腹の筋肉に対しては上体おこしのようなエクササイズではなく、ドローインなどのお腹のインナーマッスルをエクササイズするようにして下さい。

 

ドローインのやり方とは?

 

 

上むきで寝ます→両膝を曲げます→その状態で鼻から息を吸いながらお腹を膨らまして行きます→その後口から大きく息を吐いていきます。その時に吐きながらお腹を凹ませて行くイメージをしながら、吐いて下さい😀

出来れば吐いた状態【お腹を凹ました状態】で5秒間キープして下さい。

それを3セット続けて下さい。

※骨盤底筋も一緒に鍛えていくのであれば、お腹を凹ました際にお尻の穴、膣、尿道も一緒に締めながらお腹を凹ますようにして下さい。そうすると骨盤底筋にも刺激が入ります!!

 

以上が産後のぽっこりお腹の原因と自宅で出来るセルフケアです!!!

出産後のお身体のお悩みや体型改善したい方は産後骨盤矯正専門のコレカラ骨盤整体院にご相談下さい😊

 

 

⭐️キッズスペース 託児スタッフ在籍

託児スタッフがお子さんをマンツーマンでキッズスペースで見させて頂くので、産後ママさんが安心して産後骨盤矯正を受けて頂ける環境を作っております(^^)

 

⭐️駐車場ございます

当院には遠方からご来院される方や車でしかご来院出来ないママさんもいているので、専用駐車場をご用意させて頂いております(^^)

 

産後骨盤矯正専用ページ↓

https://korekara-04.com/hp/

 

産後骨盤矯正のご予約やご相談はこちらから↓

https://lin.ee/vHRiZeR

 

コレカラ骨盤整体院の産後骨盤矯正は2つの団体の治療を組み合わせて行っております!!

 

①ママリュクス

産後専門でフラン式の産後ケアを行なっております

コレカラ骨盤整体院は堺市堺区唯一のママリュクス認定院です。

ママリュクスの詳しい内容は↓

https://mamaluxe.jp/

 

②ほんじょうレディース整体

大阪にある産後骨盤矯正専門院です

詳しい内容は↓

https://honjyo.net/

 

 

執筆者 コレカラ骨盤整体院

柔道整復師 院長 坂田真彦

#堺市産後骨盤矯正 #堺市産後矯正 #骨盤矯正

#ぽっこりお腹 #お腹痩せ #体型改善

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。